がん検診の実施の確認と申し込みの仕方について

がん検診について今までに受けたことのない人にとっては、どのように受診すれば良いのかわからないことがあると言えます。がん検診には市町村が行っているものや、職域健診として行われているものがあります。市区町村で実施されている検診を受診するときには、お住まいの地域の市区町村からの郵送の案内に基づいて申し込みをしたり、市区町村のホームページ上や広報誌から申し込みをすることになります。職域健診を受診するときには、職場において行われる年1回の定期的な健康診断と合わせる形でがん検診が行われることが多いですので、自分で任意的に調べて医療機関の予約をする必要性がないです。

職場によってはがん検診を実施していないところもありますので、そのときには市区町村が実施している検診の申し込みをすることになります。検診には5種類のがんに対して早期発見ができるものがあって、種類ごとに実施されている期間が異なりますし、受けられる日時に関して限定的なこともありますので、1度に全ての検診を受けられない自治体もあることを把握しておいたほうが良いでしょう。何度も検診に訪れることが手間がかかると感じる人もいるかもしれませんが、1年に1回の受診と考えて予約をすることが大切です。乳がんと子宮頸がんの検診に関しては、2年に1回の受診が推奨されています。

がん検診の多くは対象実施年齢は40歳以降と言えますが、近年では女性特有のがんとして子宮がんが増加していることもあって20代からの受診が推奨されています。市区町村で検診が実施されていることを確認したら、郵送や電話、インターネットを使って予約を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です