AEDの初期費用を抑えるならレンタル

AEDを導入したい時、購入すればその後はずっとお金がかかりません。購入代金は平均すると20万円前後になっていることが多く、この額を一度に出せるのなら購入するのが良いとされています。しかし、初期費用をかけずにAEDを導入したいという要望も非常に多く、安い費用で用意できるレンタルやリースのような方法もあります。購入した場合でも、万が一故障をしたらその都度お金がかかることを考えると、期間が設定されていて保証もついているレンタルのような形式の方が安心かもしれません。

一口にAEDのレンタルといっても、どこでも同じ条件で貸し出しているわけではなく、例えば初期費用には違いがあります。初期費用で比較したいのが契約金や保証金であり、月額料金だけを比較すると安く思えても、頭金となる契約金等を含めると高額になるケースも少なくありません。広告等の見せ方として月額料金が安いことを前面に出している会社もありますが、格安の月額料金だけに踊らされると高額な頭金に驚かされる可能性があります。ホームページやパンフレットにも初期費用に明記されているはずですので、事前にトータル金額を算出してみましょう。

契約する時には期間を設定します。月々の利用にお金がかかるのですから期間はあまり関係ないと考えるかもしれませんが、実は長く契約するとお得になる傾向があるため、長期の契約を検討している時にはできるだけ長い契約を結ぶのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です