火傷治療には湿潤療法

湿潤療法とは、火傷や傷を潤わせた状態で治療する方法のことです。従来の火傷治療では、ガーゼで患部を覆う方法がとられていましたが、ガーゼ交換の際に皮膚が一緒に剥がされ、せっかく再生した皮膚を壊してしまうこともありました。また、それによって、薬を塗るだけでも、非常に痛みをともないました。しかし、この湿潤療法は、「痛みが少ない」「跡も残りにくい」「早く治る」ことから、患者の負担が少ない火傷治療法として、広まっています。

湿潤療法の基本は、傷を消毒しないことと、傷を乾燥させないことです。傷口からでる浸出液には、傷の治りを早める成分が含まれています。浸出液を保ち、適度な湿潤環境を維持することが、皮膚の自然治癒力を高めることにつながります。この治療法を応用した有名なものに、ドラッグストアなどで手軽に購入できる、キズパワーパッドがあります。

今では、絆創膏ではなく、キズパワーパッドを使っている方も多いのではないでしょうか。湿潤療法では、傷を乾燥させないことさえ守れば、緊急を要する場合には、食品用のラップでも代用できます。水で洗ってから、ワセリンを塗り、ラップで患部を包みます。ラップの端から余分な浸出液がこぼれてしまうので、上からガーゼで覆い、包帯を巻きます。

湿潤療法で一番気を付けなければいけないことは、細菌感染です。最低でも1日1回は必ず交換し、傷周辺の汚れを落とします。石けんには殺菌作用があるので、石けんは使わずに水で患部を洗いましょう。火傷は、見た目には大丈夫そうに見えても、実は重傷である場合もあります。

火傷の度合いによって、治療法は違ってきます。間違った火傷治療をしてしまうと、傷跡が残ったり、二次感染を起こす可能性もあります。自己判断せずに、早めの受診を心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です