火傷治療で行うこととは

火傷には程度があります。火傷の深さによって1度から3度と分かれており、1度から3度と進むにつれ火傷も症状がひどくなり、2度で水ぶくれができ、3度になると逆に水ぶくれができず、黒く焦げたり、皮膚が白くなったりします。火傷治療は応急処置が大切になります。火傷治療で大切なのは、良く冷やすことですが、皮膚と服がくっついてしまっている場合は無理にはがさないようにします。

はがしてしまうと皮膚も一緒にめくれてしまい、病院での処置が遅れてしまいますし、弱った皮膚から細菌などに感染しやすくなります。また、火傷治療の際は、塗り薬など使用しないようにします。塗り薬を塗ってしまうと処置の際に、薬を落としてからもう一度炎症を鎮め、消毒しなくてはなりません。流水で5分から10分は冷やすようにしましょう。

なお、氷や氷嚢で冷やす場合は、火傷をしている部分に直接あてず、ハンカチなどでくるんでからあてるようにします。皮膚が冷えすぎて凍傷を起こす危険性があります。この他、水ぶくれができている場合は、無理に破かないようにしましょう。水ぶくれは皮膚を守っている役割があるので、注意しながら冷やすようにします。

1度の場合は、冷やすだけで数日で治りますが、2度の場合、浅い時は1から2週間、深い場合は1か月ほどで傷が治っていきます。傷跡も目立たないことが多いですが、応急処置をすることにより、早く回復するので慌てず処置をするようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です