手外科の扱う疾患や治療法について

手外科は、整形外科・形成外科の一分野と見ることもできます。手に関する疾患や障害を中心に扱います。具体的にどのような疾患や障害に対応しているのか、見てみましょう。・切断された組織の再接合血管、神経、腱などをはじめ、切断された指の再接合などを行います。

マイクロサージャリーという方法で、手術を行います。マイクロサージャリーとは、顕微鏡使って行う手術です。・上肢の粉砕骨折などの治療一般的な骨折は、整形外科が担当します。手首や上腕骨、手根骨などを骨折した場合は、元の状態に戻すのが、難しい場合もあるので、専門の手外科医が扱います。

リハビリなども指導します。・手や肘、肩のしびれや痛みの治療神経の圧迫が原因で起きることが多い症状なので、手外科医が手術を行って、圧迫を取り除きます。場所によっては、神経を傷つける恐れがあるため、専門的な技術と知識を持った医師が治療にあたる必要があるのです。・運動機能の回復麻痺した手の運動機能の回復に、他の部位の筋肉や腱を移動します。

かなり高度な技術を要するので、専門の手外科でないとできない手術です。・先天的な障害の治療生れつき指が小さい、指と指がくっついている、指の数が多いなどの障害に対して、手術を行います。こういった疾病や障害を含め、多数の手の問題を扱うのが手外科です。詳しい病名を挙げてみましょう。

ドゲルバン病、ばね指、ガングリオン、マレット変形、テニス肘、爪周囲炎、母指CM関節症、デュピュイトラン拘縮、リューマチによる障害など、いろいろあります。手や肘、指などに異常が出たら、すぐに専門の先生に診てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です