足の魚の目に悩んだら両国の皮膚科へ

足に魚の目ができて悩んだ時には、両国の皮膚科を受診することです。根本的に治療をして治す時には、整形外科で魚の目治療をすることもできます。魚の目を繰り返すようであれば、足の改善が必要ですから、足環境の改善には整形外科です。しかし多くの場合は、両国の皮膚科での治療で、魚の目は改善をすることができます。

できると痛みなども気になる魚の目ですが、いつの間にか足の皮膚の角質が、どんどん厚みを増していき、皮膚が硬くなってできるものです。だからまずは、両国の皮膚科で魚の目治療を受けてみることです。皮膚の専門医が、魚の目の大きさだとか、芯の大きさまできちんと診断をして、その状態に必要な治療方法を提案してくれます。魚の目ができるのは、足のサイズに合わないシューズを履いていたり、足の形が変形していたりして生じる症状です。

特定の場所ばかりに刺激が加わりますし、負担も重なるので、防御反応が起きて、皮膚の角質には厚みが増します。角質がどんどん厚くなりますので、皮膚は硬くなりますし、それは内部へと増殖をするために、そこには芯が出来てしまい、結果的に足には魚の目ができます。似たような症状として、タコなどの症状があります。魚の目とタコは生じるメカニズム的には一緒ですが、広い範囲への刺激で生じるのはタコの方です。

外側に角質が向かいますので、黄色みを浴びて硬く厚みを持つのがタコなので、芯を持つ魚の目のような状態とは少し違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です