消えないシミは両国の皮膚科で治療する

女性の肌にいつのまにか出来ているシミは、放っておいても自然に消滅することはないので、毎日ファンデーションで覆い隠すのが嫌なら、治療を受ける必要があります。ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧品は、すでに出来てしまったシミにはそれほど効果がないので、両国で即効性を求めるなら皮膚科に行くようにしてください。両国の皮膚科に行くときは、肌の状態をきちんと見てもらわなければならないので、メイクをせずに、すっぴんで受診するようにしてください。その人の肌の色と、シミとを比較しなければならないので、メイクをしていると判断がつかなくなります。

もしすでに他のクリニックで治療を受けていた場合は、処方されている薬を持ってくるようにしましょう。効果がない場合は別の治療法を試さなければならないので、忘れずに持参することが大切です。シミの治療法はひとつではないので、他のクリニックで効果がなかったとしても、新たな治療を受ければ効果が出ることがあります。両国の皮膚科で主に行っている治療法は、内服薬や塗り薬の処方をはじめ、光治療やレーザー治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体をイオン導入することなどです。

シミのもとであるメラニンや、メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけるような治療を行えば、次第にシミが薄くなり、透明感のある明るい色の肌に近づけます。美白化粧品や美白サプリだけではなかなか綺麗になれないので、自分でどうすることも出来ないときは、お医者さんに任せるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です