AEDを設置したなら機能をしっかり把握しておく

目の前で急に人が意識を失ってしまい倒れてしまった、あるいは交通事故などに巻き込まれてしまい人が倒れている、といったときに多くの方はパニックになって何をすればいいのか分からなくなってしまいます。しかし、そんな時に素早く応急処置を施すなら一命を取り戻すことが出来ますし、意識が回復した後の後遺症も少なくてすみます。では、応急処置を施すのに何が役に立つのでしょうか?それは、AED装置です。AEDとは、心臓がけいれんして血液を流すポンプの機能が失った心臓に対して電気ショックを与えて、正常なリズムに戻すための医療機器です。

AEDは2004年の7月から医療従事者でなくてもあるいは何かの資格を持っていなくても一般の方でも使用することが可能ですので、もし目の前で人が意識を失い心肺停止になったときには迷わず使用することをおすすめいたします。もし、会社あるいは自宅などに万が一のためにAEDを設置したい、と思うのであれば購入もしくはリースという方法がありますので費用、メリット、デメリットなどをよく検討することをおすすめいたします。しかし「設置すればそれで安心」というわけではありません。いざ、という時にすぐに使うことが出来るように、AEDの機能や使い方をしっかりと覚えておかなければ意味がありません。

それで、設置したなら機能や使い方を覚えておくことは大変重要です。正しく使用して初めてAEDが役に立つからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です