知っておきたいAEDの機能とは?

ニュースなどで、「人が急に倒れた時に周囲にいた人たちがAEDを使用して救命活動を行った」といったことを見掛けますが、実際AEDにはどのような機能が備わっているのでしょうか。まず、AEDとは「AutomatedExternalDefibrillator…自動体外式除細動器」のことで、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを与えて、心臓を正常なリズムに戻すための機能を持つ医療機器です。2004年7月より一般の人でも使用できるようになり、病院や学校、空港や劇場や公園などさまざまな施設に設置されるようになりました。初めての人でも簡単に使えるようになっており器械の電源を入れると、音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でも簡単に使用できます。

人の心臓の動きを自動解析し、電気ショックが必要な人にのみ電気ショックを流す機能を持っているので間違えて必要のない人に使っても、電気は流れないので心配することはありません。電気ショックの成功率は成功の可能性が1分ごとに約7~10%低下すると言われています。救急車が到着する前に、救命活動を始める必要があるので、そういった場面に遭遇した場合には直ちにAEDを使用することが極めて重要になってくるのです。消防署や自治体などでAEDの使用方法の講習などが行われているので、一度参加してみるといざという時に冷静に対応できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です