心臓に使用するAEDの機能

心臓のトラブルで命の問題に繋がりかねないのは、心臓が痙攣してしまってしっかりとしたポンプの働きができない心室細動です。AEDの機能は主に、その心室細動を改善するためのものです。心臓は本来鼓動に合わせて体中に血液を送っていますが、それは電気的な刺激によるものです。その際の電気信号は一定の間隔ですが、もし痙攣が発生すると乱れた状態になってしまいます。

そんな心臓に一瞬だけ別の電気を流すことで、元の一定間隔の鼓動へと誘導するのがAEDの機能です。人が倒れた時には心臓マッサージをした方が良いということを大勢の人が習ったことがあるかもしれませんが、心室細動に対して心臓マッサージの効果は低めです。それに対して電気刺激は、有効とされています。もちろんAEDを使用しても必ず鼓動を元に戻せるというわけではありません。

しかしなるべく早めに使用することで、成功率は高められます。そのため現代ではAEDは学校や病院など色々なところに置いてあって、医療関係者でなくても簡単に使えるような機能になっています。使い方も非常にシンプルで、蓋を開けると自動で電源が付き、音声や映像によって指示が受けられます。基本的には本体を開けて電極パッドを指定された場所に貼り、通電ボタンを押すという3つのステップだけで済みます。

ボタンの他には使用する対象が大人か子どもかを切り替えるスイッチ程度しかいじれるものがないので、間違った操作をしてしまうこともないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です