AEDの機能と使用の際の注意について

AEDというのは、AutomatedExternalDefibrillatorの頭文字を取ったものです。一般的には「エーイーディー」と呼ばれ、訳すと「自動体外式除細動器」となります。これは一般の人でも命を救うことのできる器機で、心臓救命装置です。以前は医療従事者だけが行っていましたが、2004年からは一般人にも使用が可能になりました。

器械の電源を入れることで流れる音声ガイドを聞けば、誰でも使い方がわかります。目の前に心停止で倒れている人がいる場合、AEDを使って救命することが可能です。AEDは小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼ったパッド(電極付き)から自動で心臓の状態を判断します。この時、心室細動(血液を全身に送ることが出来ない状態)の状態にあれば、一瞬の強い電流によって心臓にショックを与えます。

これによって心臓を正常な働きに戻すのが大事な機能です。電気ショックを与える必要がないこともAEDは自動で判断するので、誤って電気ショックを与えるという心配はありません。使用者が注意すべき点は、電気ショックを倒れている人に与える時にその人に触れないことです。自らが感電することもあるので気を付けましょう。

日本にはAEDの取り扱いメーカーが7社あり、それぞれに特徴があります。幼稚園や保育園などの児童用にショック量を低減できる機能を持ったタイプもあります。機能・価格・サービス内容などを比較して、ニーズに合うものを選ぶのがおすすめです。AEDの機能のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です