AEDに備わっている機能

AEDは「自動体外式除細動器」という医療機器で、心臓が痙攣を起こして血液を流すポンプ機能を失ったときに、心臓に対して電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための機器です。2004年7月から医療従事者ではない一般市民も使用できるようになり、音声で操作方法をガイドしてくれる機能が備わっているので、誰でも簡単に使用することができます。病院や診療所、救急車に設置されていますが、一般市民が使用できるようになってからは、空港や駅、スポーツクラブや学校、公共施設や企業などの人が多く集まる場所にも置かれるようになりました。そのため、日常生活の中で私たちがAEDを目にする機会も増え、どこに設置されているかすぐに思い浮かべることができるのではないでしょうか。

AEDは心臓の動きを自動解析する機能があり、電気ショックが必要な人にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。目の前で人が倒れているところに遭遇した場合、緊急を要する状態にあるときは迅速な判断が必要です。AEDのふたを開けると自動的に電源がオンの状態になり、音声ガイドによって倒れている人の胸に電極パッドを貼り、電気ショック胸骨圧迫や人工呼吸までの救命処置を行うことができます。音声ガイドに加えて、液晶画面にイラストとメッセージが表示される機能も付いていて、操作方法を分かりやすく案内してくれます。

救急車が到着するまで、負傷者の近くにいる私たちがAEDを使用して、できるだけ早く処置を行い助けることが重要です。AEDの機能のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です